コメントは受け付けていません。

comment for 会津中将 純米吟醸 夢の香






カエルをクリックすると投稿できます。

RYOさんもバランス良く攻めるな~~~さすがです!
体調によってお酒の味も変わりますが、かなり波のある感じでしたねw
チビチビ呑んで、良い時にガッツリ呑むしかないですね。
2011/10/29 22:53 | edit
posted by 日本酒ランナー

高級感漂うブラックボトル・・・。
瓶で旨そうです(笑)。
札幌は寒そうですね~。
こちらは朝晩は冷えますが、
日中はポカポカです。
2011/10/30 09:10 | edit
posted by dians

保科正之については、何冊か本を読んでます。
正確には、肥後守兼左近衛中将ですが、お墓には会津中将源君之墓と記されています。会津松平家の歴代藩主は、だいたい肥後守兼左近衛中将ですね。(少将の人もいますけど。)

正之は、2代将軍秀忠の唯一の浮気で出来た庶子です。恐妻家の秀忠は、妻(正室)にばれないように、正之を城外で産ませ(通説は、現在の浦和で生まれてる)、その後、信州高遠藩の保科家に預けてます。なので、保科正之です。

3代将軍家光の異母弟として認知され、会津23万石に出世しました。
4代将軍家綱の叔父&参政補佐として、政権の中枢に座りました。
明暦の大火(振袖火事)で、江戸城の天守閣が焼けおちた時、天守閣を再建せずに財政再建・火災後の江戸治世を優先したと言われてます。
ま、今、江戸城に天守閣がないのは、保科正之のせいだとも言える。(笑

松平姓を賜る話があった時、育ての親の保科家に義理立てして、生涯を保科性で通したと言われてます。
ちなみに、会津保科が松平の姓と葵の紋を賜るのは、3代目正容の代になってからです。
2011/10/30 13:05 | edit
posted by 酒呑親爺

日本酒ランナー 様

皆さんのレポを参考にいろいろ買いあさっています(笑
呑みたいお酒が多すぎて、困ってしまいますね。
いつでも旨いと思えるお酒が一番良いのですけどね・・・。
2011/10/30 20:57 | edit
posted by RYO

dians 様

まだ日中ポカポカですか。こちらはそろそろコートも必要になりそうです。
名前といい、ボトルといい、恰好は最高なんですけどね。(笑
違う種類も試してみたいですね。
2011/10/30 21:00 | edit
posted by RYO

酒呑親爺 様

有難うございます。大変勉強になりました。
多分、親爺さんがコメントで書いてくれるのだろうな~と期待していたのですが、ここまで書いていただくなんて。
また、無茶ぶりの際はよろしくお願いいたします。<(_ _)>
2011/10/30 21:13 | edit
posted by RYO

難しそうですな

初日はよくて、2~5日目が合わなくて、6日がまたよくなるって難しいですね
私にはまだ"初日から全開!!!"のわかりやすい酒がよいようです


凛ちゃんがんばってますな~♪
自信に満ちた"目ヂカラ"を感じますぞ

2011/10/31 03:43 | edit
posted by chaps+zoo

お酒の味わいに波があったのですね。
私はまだこのようなお酒に出会ったことはありませんが,
いろんな条件によって,味わいが変わるのでしょう。
これも楽しさの一つして考えるべきなのでしょうね。
2011/10/31 23:41 | edit
posted by 星矢馬鹿酒

chaps zoo 様

旨いんですけど、難しいお酒でした。
私ん体調が悪かっただけかもしれませんが・・・。(汗
凜は頑張っているのだか、適当なのだか・・・。
もう少しなんでも一生懸命になってくれればと願っているのですけど。
2011/11/01 22:35 | edit
posted by RYO

星矢馬鹿酒 様

お酒の波のせいか、私の体調のせいなのか?
まぁ~、おいしかったので・・・。
1本で2度おいしい的な感じで、確かに楽しめましたね。
2011/11/01 22:43 | edit
posted by RYO
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

会津中将 純米吟醸 夢の香

007_convert_20111029221827.jpg

朝の暖房予約がすっかり定着してしまった今日この頃、気になっていた会津のお酒を購入です。鶴乃江酒造さんが醸す会津中将です。会津藩祖保科公の官位にちなんで『会津中将』と付けられたようですね~。夢の香で醸されたこのお酒、ゆっくり楽しみたいと思います。(保科家、松平家の話は詳しい方よろしくお願いいたします。)

開栓です。香は柔らかく、ほのかにリンゴを感じる。呑み口も非常に柔らかでぐびっと呑み干せる。味わいは薄い、繊細、物足りない・・・が、気が付くと蜜入りリンゴが口の中にあふれ出す。蜂蜜のような甘味、心地よいな。

2日目、後味の酸味が主張してきました。呑みやすさ、柔らかい甘味と申し分ないのだけど、何か足りない

5日目、いろんな味が自己主張を始めたせいか、バランスが~。甘味の味わいは好きなんだけどな~。

6日目、今日は味わいがまとまっており、なんか旨いですよ。温度帯の問題か体調の影響かこのお酒、難しいな~。

本日呑み切りです。イナダを肴にまったりとやってます。なんか、良いですよこのお酒。1週間たってこの酒の良さがわかった気がします。ゆっくりのんびり、肴をつまみながらぐびりとやるには最高ですね。開栓後、少し待たないといけないのがちょっとな~

今日は凜の学習発表会を見てきましたよ
演目は『スイミー』と言うお魚のお話。一生懸命、歌やセリフを頑張っていましたね
でも、最後の大あくび、大物すぎるぞ・・・

昊と凜のあいだに

RYOでした。

スポンサーサイト
category : お酒  comment : 10  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。