archive : 2012 年 08 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

特別純米 衣が浦 若水 あらばしり槽口直取り

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

こちらも第7回Sakezukibito頒布会、第2弾のお酒ですよ~。原田酒造さんが醸す、名前が長~いいお酒です。『特別純米 衣が浦 若水 あらばしり槽口直取り』あれ、微妙な長さかな・・・。昨年、皆さんが大絶賛だったので、なまら楽しみです。グバッと呑み干しますよ~

開栓です。ちょっと独特な乳酸系の生もとのような香も感じる。まずは澱を混ぜずに呑む、シュワッと微発泡の中に気持ち良い酸味が広がる。ぐるっと一混ぜすると白濁した旨そうな酒に。このシュワシュワにこの酸味最高。あれれ、天野酒山本SPあらばしり無に何か似てるような。旨い

2日目、シュワシュワは大分おさまりましたが、乳酸系の酸味がさらに心地よくなってきた。この酸味の中にじわ~っと広がってきた黒糖のような甘味がまた良い。これが酸味を更に引き立てるのです。夏にバッチリなお酒ですよ~

流石の3日目、バランスが抜群です。鉈をズバッと振り下ろしたような酸味と黒糖の甘味が絶妙に絡み合う。これ、旨いな~

本日、呑み切りです。これ、まじで旨いっす。お代わり必須かも。若水のお酒初めて呑みましたが、すべてこんな味わいなのでしょうかね??北海道の酒米も負けられませんね
RYOでした。

category : お酒  comment : 14  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。