archive : 2012 年 03 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

やまユです。

昊と凜のあいだに

やっと念願だったやまユの購入です。どうせだったらと、4色レンジャーいっき買いで~す。4GBを選んでしまうあたりがへたれですが・・・。すこぶる人気者ですからね。楽しんで呑みますよ

桃:改良信交
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

色が物語るように、桃の華やかな香が広がる。味わいはパッションフルーツサイダーandジュワジュワな酸味。ラテン系美女ですな~。旨し

白:酒こまち
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

香は微かに有る程度。ぐわっと酸味が広がり、薄いヤクルトのような甘味が現れ、フェイドアウト。酸味にパンチ力あるわ~。大和撫子系かな。旨し

青:美山錦
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

爽やかな、ちょっとキレのあるサイダーにシュワシュワな酸味が口の中に広がる。キレの辛味が盃を進める。北欧系美女でしょうか旨し

緑:美郷錦
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

口当たりは柔らかく、火入れのような落ち着き。キャラメル?ココナッツ?のような甘みが印象的。酸味は初日以降は下火に。アジア系美女でしょうか旨し

酸味の使い方が抜群ですね。これは癖になります。人気になるのは分かりますね。而今や三好菊なんかよりも酸にこだわった造りなのではないでしょうか。バカ舌なので当てになりませんけどね~。個人的な評価は青>桃>白>緑かな次は1SBで呑み比べしたいな~。

バスケの卒業(6年生)イベントに参加してきましたよ~。少しは旨くなったかな

昊と凜のあいだに

RYOでした。

category : お酒  comment : 14  track back : 0

沖縄旅行

昊の卒園・入学と母親の還暦のお祝いを兼ねて3泊4日の沖縄旅行に行ってきましたよ~
天気は微妙でしたが、思い出深い旅行になりました

途中スコールのような雨にあたった首里城。
昊と凜のあいだに

子供よりも大人(特に私)が感動した美ら海水族館
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

おきなわワールドで機織りと紅型染めに挑戦です。真剣な子供たち
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

そして、国際通りでマブヤーとパチリ。(笑
昊と凜のあいだに

次はいつ来れるかな~。子供が成人するまでは無理かな・・・

最近の晩酌です。
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

磐城壽 純米しぼりたてです。じゃがいもと豚の煮っ転がしや鮭の塩焼きと呑みましたが、旨いね~。食中にピッタリな庶民的な味わい。3日目、4日目の味わいが最高かな。
RYOでした。

category : 家族日記  comment : 14  track back : 0

昊の卒園式

昊と凜のあいだに

今日は昊が3年間通った幼稚園生活の集大成。どきどきわくわく、緊張しながら卒園式に向かいましたよ
幼稚園ではちょっと大人びたガキ大将で頑張ったいたようですが、本当は心優しい頑張り屋さん。
最後も一番の大声で歌ってましたよ~

昊と凜のあいだに

記念に担任の先生とパチリ

昊と凜のあいだに

次は小学校、いろんな経験をして成長していこう。頑張ろう

そして、最近呑み切ったお酒はこちら。

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

やっぱり旨いですよ。甘みの開きが洗練され、大人の味わいに・・・。今期の而今はこの路線なのかな
RYOでした。

category : 家族日記  comment : 18  track back : 0

金滴 吟風 手造純米吟醸酒 無ろ過原酒

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

昨年、外呑みで始めて頼んだこのお酒。あまりの旨さに衝撃を受けました。北海道の米(吟風)で造った、北海道のお酒がこんなに旨いなんて・・・。素敵なお酒を醸してくれたのは、今期で2期目になる小樽出身の川端慎治杜氏。福岡県は三井の寿、美田さんのところで蔵人をされていたお酒のプロなのですね~。私、このお酒の応援しますよ、23BYいきま~す

開栓です。弱いですが、リンゴのような気持ち良い香りが漂う。う~リンゴ、旨し。キレの苦味が中途半端な印象だが、温度帯が上がってくると、これ最高。吟風旨いです。ちょっと地元贔屓入ってますかね

2日目、柔らかな口当たりから、蜜入りリンゴのようなコクのある甘味が広がる。これで、酸味がぐぐっと顔出してくれれば最高の味わいだな

3日目、悪友と呑む。やっぱり楽しいね~・・・、すっかり泥酔

昊と凜のあいだに

結局こうなって、反省・・・。他の3本に比べても、味わいはまったく劣りませんよ~

本日、呑み切りです。金滴、良いですよ~。おりがらみのような酸味も感じることができ、個人的にはかなりGood。おかわり必須ですね。皆さん、是非お試しあれ
RYOでした。

category : お酒  comment : 12  track back : 0

田酒 特別純米酒 生原酒

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

○屋さんの2月期頒布会のお酒がこの田酒生原酒になります。ラベルの横にバシッと生原酒の文字が眩しい~。田酒の特純と言えば米の旨味がじわ~としみ込んでくる旨い酒ですからね。この生原酒も超~期待ですよ~

開栓です。香は控えめ、口に含むとメロンやバナナのような甘味が優しく広がる。綺麗な酒質だが、田酒特有な米の旨味はあまり感じられない。柑橘系の苦味が特徴的で、綺麗すぎるこの味わいにはちょっとミスマッチか・・・。まだ、硬いってことかな

2日目、すっと喉の奥に入っていく感じは爽やかで清々しい。酒未来を彷彿させるような味わいだ。舌でひと転がしするとアンバサのような酸味が広がり、後半一気に苦味が押してくる。苦味がちょっと・・・かな。流石は原酒の18度、酔い早いです

4日目、カマンベールチーズと呑む。すっきりとしたワインのような一口目にぐっと合いますね~。米の旨味はどこへ・・・。これも有りなんですけどね。

本日、呑み切りです。これ、田酒ですかね。米の旨みがぐっと押してくる味わいを感じることなく終了です。賛否両論はあると思いますが、この味わいは個人的には好きなんですけどね~。う~これは間違いなく生原酒マジックですかね
RYOでした。

category : お酒  comment : 14  track back : 1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。