archive : 2011 年 11 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

飛露喜 特別純米 羽州誉

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

今回は、開栓の踏ん切りがなかなか付かず、ちょっと冷蔵庫で寝ていてもらったお酒です。確実に家呑みはもう出来ないだろう、飛露喜の羽州誉(羽州誉:76%、山田錦:24%)です。素人が呑んで、レポ出来るのか~。心配だ

開栓です。ちょっとツンっとするサイダーのような香が微かに漂う。微妙に発泡が残る中に爽やかだけども、ビターな甘味が広がる。ちょっと大人のサイダーみたいですよ。温度帯が少し上がると酸味も顔を出し、複雑だけど何故か旨い。旨いけど難しぃ~。悩ましぃ~

3日目、爽やかなサイダー、ビターキャラメルの甘味、癖になる辛味とキレ。そろぞれの主張が激しいのに、何故か味わいはまとまるんだよな~。複雑だけど旨いっす

4日目、巨峰のような果汁も加わり、甘味の膨らみが半端ないですね。温度帯が落ち着くと、少しもったりしてきたな。それでも十分旨い

本日、呑み切りです。開栓して、1週間経ちましたが、今日が間違いなく1番旨いっす。巨峰のようなちょっと渋めの甘味が突き抜ける~。キレの酸味と辛味のコラボも抜群です。旨すぎるぞ、飛露喜羽州誉。定番にしてほしぃ~
RYOでした。

category : お酒  comment : 19  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。