archive : 2011 年 10 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

鼎 純米吟醸(仕込み二十一号)

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

今回もチャレンジ酒です。長野県は上田の信州銘醸さんが醸す鼎ですよ~。にこちゃんラベルがかわいいですよね。でも、この感じ読めませんでした~。秋ですからね、ゆっくりと漢字を勉強しながら呑みたいと思います・・・。

開栓です。程よい吟醸香とぶどうの香が心地よい。するっと喉の奥まで入り込み、ぶどうの甘味がふわ~と広がり、苦味でフェイドアウト。なんか、和んでしまいます、これ。かわいい顔したこの鼎、なかなかやりますよ~。

2日目、ぶどうのちょっと癖のある甘味がぐ~んと広がりましたよ。ちょっと甘味が強くなりすぎたかな・・・でも、キレの苦味もぐっと出てきて、トータル的な味わいは更に良くなった感じです。

流石の3日目、こりゃ~良いですよ。甘味の膨らみが凄すぎるぞ。甘口の高級ワイン。ちょっと微妙な例えですけど、旨さは間違いないです。苦味の切れがキレキレになっているところが、ちょっと減点。でも、これ旨いですよ

本日呑み切りです。裏ラベルに『このラベルをご覧いただきまして、どのような表情を連想されますか?』と記載があります。間違いなく『なかなかやるだろ~っと、したり顔』ですね。23BYも非常に楽しみ

最近着弾したお酒です。生が呑めなかったので・・・。

昊と凜のあいだに

RYOでした。

category : お酒  comment : 12  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。