archive : 2011 年 10 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

会津中将 純米吟醸 夢の香

007_convert_20111029221827.jpg

朝の暖房予約がすっかり定着してしまった今日この頃、気になっていた会津のお酒を購入です。鶴乃江酒造さんが醸す会津中将です。会津藩祖保科公の官位にちなんで『会津中将』と付けられたようですね~。夢の香で醸されたこのお酒、ゆっくり楽しみたいと思います。(保科家、松平家の話は詳しい方よろしくお願いいたします。)

開栓です。香は柔らかく、ほのかにリンゴを感じる。呑み口も非常に柔らかでぐびっと呑み干せる。味わいは薄い、繊細、物足りない・・・が、気が付くと蜜入りリンゴが口の中にあふれ出す。蜂蜜のような甘味、心地よいな。

2日目、後味の酸味が主張してきました。呑みやすさ、柔らかい甘味と申し分ないのだけど、何か足りない

5日目、いろんな味が自己主張を始めたせいか、バランスが~。甘味の味わいは好きなんだけどな~。

6日目、今日は味わいがまとまっており、なんか旨いですよ。温度帯の問題か体調の影響かこのお酒、難しいな~。

本日呑み切りです。イナダを肴にまったりとやってます。なんか、良いですよこのお酒。1週間たってこの酒の良さがわかった気がします。ゆっくりのんびり、肴をつまみながらぐびりとやるには最高ですね。開栓後、少し待たないといけないのがちょっとな~

今日は凜の学習発表会を見てきましたよ
演目は『スイミー』と言うお魚のお話。一生懸命、歌やセリフを頑張っていましたね
でも、最後の大あくび、大物すぎるぞ・・・

昊と凜のあいだに

RYOでした。

category : お酒  comment : 10  track back : 0

さ々一 純米大吟醸無濾過 美山錦 秋あがり

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

美山錦連投です。久しぶりに呑みたいな~っと思い、喜八マーク入りのさ々一を購入です。赤ラベル、何かやってくれそうですよ~。

開栓です。ちょっと高級そうで華やかなブドウの香が広がる。口の中をブドウが飛び跳ねながら突き抜けていく。巨峰の運動会ですよ~。ちょっと強めの酸味が甘味を更に引き立てる。旨い

2日目、この味わいは高級白ワインとでも言うのでしょうか。芳香な魅惑的な香が広がり、甘味と酸味のスパイラル~。旨いけど、ちょっと濃厚のため、呑み疲れするかな

4日目、ブドウの甘味と旨味がどんどん加速していく。粘度が有るかのようにねっとりと舌に絡みつくような濃厚さ。締めの酸味が良いアクセントになりたまらない

本日、呑み切りです。酸味が強くなってきたが、これも有りですね。さ々一、相変わらずの旨さですよ。CPも良いし、こりゃ~23BYも間違いなしですな
RYOでした。

category : お酒  comment : 11  track back : 0

あずまみね 純米 美山錦

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

札幌は雪虫が飛び始め、もう冬の入り口まで来てしまいましたね。今回は最近人気急上昇、岩手県の吾妻美祢嶺酒造さんが醸す『あずまみね』です。一部のマニアだけかも知れませんが・・・。気になったら、まずは呑むしかないですよね。ひらがなのラベルなので、注文も間違いなしです

開栓です。いきなりセメ様の匂いがつんっと・・・大丈夫か~。味わいは軽いタッチで広がり、米の旨味がじゅわ~っとくる。なかなか難しいお酒かも・・・

2日目、ビックリするくらい印象が変わったぞ。シルキーな柔らかい甘味と米の旨のバランスが良い感じに絡み合ってきましたよ。肉じゃがにも良く合う。旨い

3日目、こりゃ~旨いぞ。爽やかさを備えた完熟した梨のような味わい。後味も気持ち良いくらいにすーっとキレていく。ぐいぐい盃が進んで、ちょっと酔いすぎ

本日呑み切りです。甘味の中から溢れ出てくる美山錦の米の旨味が病みつきですよ~。恐るべしあずまみね。純吟も呑みたいぞ~

昊が習っているバスケ練習場の1周年イベントに参加してきました
まだまだぎこちないところも有りますが、バスケっぽい動きになってきたぞ。頑張れ昊

昊と凜のあいだに

イベントに参加してくれた長岡 萌映子さん(現役高校生の日本代表)とパチリ

昊と凜のあいだに
RYOでした。

category : お酒  comment : 6  track back : 0

鼎 純米吟醸(仕込み二十一号)

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

今回もチャレンジ酒です。長野県は上田の信州銘醸さんが醸す鼎ですよ~。にこちゃんラベルがかわいいですよね。でも、この感じ読めませんでした~。秋ですからね、ゆっくりと漢字を勉強しながら呑みたいと思います・・・。

開栓です。程よい吟醸香とぶどうの香が心地よい。するっと喉の奥まで入り込み、ぶどうの甘味がふわ~と広がり、苦味でフェイドアウト。なんか、和んでしまいます、これ。かわいい顔したこの鼎、なかなかやりますよ~。

2日目、ぶどうのちょっと癖のある甘味がぐ~んと広がりましたよ。ちょっと甘味が強くなりすぎたかな・・・でも、キレの苦味もぐっと出てきて、トータル的な味わいは更に良くなった感じです。

流石の3日目、こりゃ~良いですよ。甘味の膨らみが凄すぎるぞ。甘口の高級ワイン。ちょっと微妙な例えですけど、旨さは間違いないです。苦味の切れがキレキレになっているところが、ちょっと減点。でも、これ旨いですよ

本日呑み切りです。裏ラベルに『このラベルをご覧いただきまして、どのような表情を連想されますか?』と記載があります。間違いなく『なかなかやるだろ~っと、したり顔』ですね。23BYも非常に楽しみ

最近着弾したお酒です。生が呑めなかったので・・・。

昊と凜のあいだに

RYOでした。

category : お酒  comment : 12  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。