archive : 2011 年 09 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

屋守 Su-dara 純米 無調整生詰 限定ver

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

お気に入りの酒販店さんに屋守の限定酒が入荷です。金ラベルのひやおろしタイプのようですが、何が限定かよくわかりませ~ん。11号タンクのようで、『ええとこ取り』とのこと。限定は旨いから、とりあえず買いですよね~

昊と凜のあいだに

開栓です。ちょっと癖のあるリンゴのような屋守独特な香りが迎えてくれる。とても円やかな舌触りがいいね~。八反と美山のコラボのためか、味わいはシャープだが、微かに感じる笹のような味わいも健在。これは間違いなく屋守だね。こりゃ~呑みすぎてしまいますよ。旨い

2日目、あれ~、酸味が強くなってきましたよ~。ベースは屋守なのだけど、ちょっと面白くなってきましたね。

3日目、流石の味わいですよ~。円やかさに磨きがかかり、誰にでも愛される味わいではないでしょうか。温度が常温に落ち着くと甘味がじわ~とよみがえり、これまた旨いな~

途中『いくら』を漬けるのに使われてしまいましたが、本日、呑み切りです。華やかは香は未だに健在。味わい最高潮、甘味の中から駆け抜けていくシャープな酸味は八反だけでは多分味わえなかった味わいだろうな~。旨い。23BYも間違い無しですね
RYOでした。


category : お酒  comment : 16  track back : 0

札幌ぷちぷちOFF会2

2回目の札幌OFF会開催で~す。今回は雨を引き連れて、OIRAnさんが登場です
北海道バイク旅行初日に立ち寄って頂きましたよ~。
今回は『隠口(コモリク)』からスタートです

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに
昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

若駒、初めて呑みましたけど、ウマかった~。栃木のお酒、レベル高し
金滴、北海道のお酒なんですけど、新しい杜氏を招いて、試験的に1タンクずつ仕込んだお酒のようです。生原酒を呑んだのですが、旨すぎ、ありえない旨さです。特に吟風は全国でも間違いなく通用しますよ~。感動だ~

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

ほやの塩辛と貝(名前忘れてしまった~。)の炭焼き。後まだあったような・・・。

次に向かったのは『もろはく』です。ここは押さえないといけませんよね。

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに
昊と凜のあいだに

天青の酒未来、これも有りですね、旨い。青やまユ、パッション系の味わいがGoodです。
金滴吟風の火入れ。旨いですけど、生原酒がインパクト有りすぎました。23BYの金滴かなり楽しみです。

ゆっくり、まったりと、楽しみました。
OIRAnさん有難うございました。また、是非ご一緒して下さいね
RYOでした。


category : お酒  comment : 14  track back : 0

東洋美人 純米吟醸 酒未来

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

郡山から頒布会のお酒が届きましたよ~。東洋美人 酒未来です。3年間、この酒米で酒造りを経験しながら、商品化されなかったこのお酒、満を持しての出荷ですよ。しかも、頒布会限定「中取り」です。なにかと気になる「酒未来」ですからね、非常に楽しみです

開栓です。青リンゴのような気持ち良い香りが漂う。味わいもまさに青リンゴ、爽やかな酸味がシュワ~と口の中に広がる。まろやか気持ちいい~。苦味で切れていくが、旨い水を呑んだ後味のように気持ち良い

2日目、若々しい爽やかな酸味が旨い。旨味の押しが強いから、この酸味を支えれれるのだろうな~

3日目、いや~円やかな水ですよ。そこに優しい米の旨味と爽やかな酸味のハーモニーが流れ込む。キレの辛味も良いアクセント。旨いっす

本日、呑み切りです。5日目ですが、最高の味わいですよ。高級スイーツを食べているようで、呑みたいと言う欲望があふれ出てくる。本気で旨いです。来年も呑みたい
RYOでした。


category : お酒  comment : 10  track back : 0

昊の運動会

昊の幼稚園最後の運動会が先週の土曜日に行われました~

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

Tシャツをズボンの中にINしたまま、開会式、踊って、走って、笑って、楽しい運動会になりましたよ

昊と凜のあいだに

リレーはかなり気合入っていました。来年は小学校でもリレーの選手目指して頑張ろう

最近購入したお酒です~

昊と凜のあいだに

RYOでした。


category : 家族日記  comment : 14  track back : 0

而今 純米吟醸 千本錦火入れ

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

而今の千本火入れ、今年もなんとか購入できましたよ。今期は米の出来が悪く、数量が少なくなったとのこと。生原酒の時はこんな話ありましたかね

開栓です。芳香なベリーがきゅん~と広がる。あ~この匂いで而今の千本とわかる。口に含むと、旨いの一言。間違いないですよ、この旨さは。爽やかな甘味がすーと口の中に広がり、ポンっとはじけたように酸味と苦みがあふれ出す。肴はまったくいりませんね

2日目、ベリーが濃厚です。感想が単調になってしまうほど旨いな~。苦味が若干残るようになったが、明日以降どうなるかな

3日目、味わいがまとまってきましたよ。この甘味と旨味は流石の一言。千本の独特の甘味は個人的に好きだな~。ただ、いまいち味わいの奥行きが足りない・・・。辛味も若干、口に残るようになってきたな。

本日呑み切りです。ちょっと3日ほど寝ていてもらいました。イカ大根とホッケを肴に呑む。ん~すっきりで旨いかも。全体的に丸みが出てきて、肴と呑むには良い感じですね。辛味と苦味がもっと落ち着いてくれると良いのですけど・・・。
RYOでした。


category : お酒  comment : 8  track back : 0

会津娘 純米酒 つるし 五百万石

昊と凜のあいだに昊と凜のあいだに

やっと念願だった、会津娘のつるしを購入です。今期も五百万石と夢の香の2種類あるようですが、我が家に届いたのはシリアルNo.667の五百万石。なんとなく良い番号じゃないですか秋めいてきた札幌でゆっくり楽しみますよ~。

開栓です。セメ様のようなツンっとした香が広がる。五百万石なのに、山形正宗の雄町のような味わいがするぞ。そこから米の旨味がじわ~と広がる。いいな~、じっくりと呑める。キレの苦味が良いアクセントになり、盃を進める

2日目、柔らかいサイダーのような甘味と米のぎゅぎゅっとくる旨味のバランスが凄い。後味に残る蜂蜜のような甘味がまた印象的だ。こりゃ~旨いぞ~。ぐいぐいと呑めるわけでもなく、派手さもないが、この酒いいっす

4日目、まろやかな蜂蜜にちょっと大人の辛味と苦味、旨い。甘味の中からつんっとくる辛味が、よりいっそう蜂蜜の甘味を引き立ててくれるので~す。ゆっくりと音楽や読書をしながら呑むにはもってこいなお酒だ。

本日呑み切りです。日本酒でこんなに蜂蜜のような味わいに出会うのは初めて。感動だ~。秋の訪れにはぴったりだな。でも、五百万石ってこんな味わいでしたっけ夢の香verも呑んでみたいが、来年も五百万石かな。旨い
RYOでした。


category : お酒  comment : 12  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。