archive : 2011 年 01 月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

澤の花 純米吟醸しぼりたて 新春

澤の花澤の花2

毎日の雪かきで腰が?、だけど呑んでます。
熱血酒販店さんの頒布会第2回目は、長野県佐久市の伴野酒造が醸す澤の花です。この蔵元のお酒は初めてなのですけどラベルにうっとり。なんてたって、兎年の年男ですからね?。そして判子でおされた『限定生酒』、これ鉄板ですよね。限定に弱すぎです・・・。

シュポンと小気味よい音と共に開栓です。発泡はほとんど感じられない。ぶどうだ、しかも渋め系の香が漂う。味わいは深く重い。ワインではないですが『フルボディー』の言葉がよく似合う。ぶどうの濃厚な旨味がぎゅぎゅう?と詰まっている。若干、呑み疲れするが、キレは良い。旭興に似ているかな・・・

2日目、濃厚なダイナマイトブドウがぎゅ?感じる。やっぱり旭興に似ているかな。甘味、旨味が押し寄せるが、渋みで幕が閉じられ不思議と綺麗にキレていく。多くは呑めないですけど、この味わいかなり良いですよ。

3日目、味わいが綺麗にまとまった。その分、ぶどうぶどうの味わいは薄まってしまったかな。呑み続けるとちょっと酸味が気になりだした・・・

4日目、さらに口当たりはまろやかさが増した。初日や2日目の味わいは何処へ行ってしまったのかな?。ぶどう系の味わいを微かに感じ取れるが、酸味が一気に口の中を走り回る。後味はさっぱりして良いんですけどね・・・

なんだかんだで、1週間。本日呑みきりです。酸味が落ち着いて、呑みやすくなりました。でも、ぶどうの旨味も消えてしまったかな。いろんな味わいが楽しめたお酒でしたね。もう少し酸味の出が少なければ、かなり旨いと思うんだけどな?。ちょっと残念。
RYOでした。



category : お酒  comment : 14  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。